FC2ブログ

LIVING IN THE COTTONFIELD

毎日のよしなしごと。 綺麗なこと可愛いこと思うこと好きなこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マイセン磁器の300年展 @サントリーミュージアム

最近行った美術館をまとめて書こうかと・・・

まずはサントリー美術館のマイセン展。

http://www.suntory.co.jp/sma/exhibition/11vol01/index.html


↓(マイセンじゃないんですけど)こんな、アンティーク・ポーセリンの本を持っているので、


皇居散歩


この本を思い出して、こんな感じのロマンティックなティーカップがわんさかあるのかな???と 思いながら行ったんですが・・・


良い意味裏切られちゃいました。



勿論、最初はマイセンのイメージ通りのティーセットがいくつも。
どれも手の込んでて繊細で複雑で素晴らしい!
艶やかな彩色、そしてそれ以上に形自体が素晴らしく作り込まれてて、何でこんな繊細な作業を、大柄のドイツ人が出来ちゃうのか謎だなあ・・・とか(失礼)思っちゃう感じです・・・。



そして、段々・・・大物が!



img_large04.jpg


img_large09.jpg


どーーーーーーん!
写真の見た目以上の大型磁器!
もうここまで来ると彫刻かしら?って思っちゃいます。
1m以上あるおっきい物もいっぱい!!



マイセンのルーツは、
錬金術師が王様に捕らわれ、中国の磁器を真似て何年もかけて研究作製したのが始まりなんだそう。
その後、歴代の王様は何千点もコレクションして重宝していたとか。
だからかヴァリエーションも凄い、スケールも予想以上にでかい物がいっぱい。




でも、こんな可愛らしい物も♪


img_large02.jpg



↑ マイセンで独特な技法で、スノーボール貼花装飾っていうのが可愛かった!
手びねりのお花を・・・日本で言うと小手毬の花?みたいにしてくっつけちゃうのです。



kodemari3.jpg


最近リヤドロとかでよく見るカラフルなお花で覆ったお人形を思い出しましたが、マイセンの方が抽象的&手のぬくもりがある感じ?


これはCINBONEのサイトから借りて来ちゃいました ↓

http://cibone.com/mm/080731/  リヤドロ。



cibonenews14_items.gif



後半は現代作家のさんの作品も。

知らなかったマイセンの魅力がいっぱいで楽しかった。
素敵なティーセットでお茶が飲みたくなりつつ帰りました♪
スポンサーサイト
  1. 2011/02/27(日) 21:30:36|
  2. go out
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<小谷元彦展 幽体の知覚 @森美術館 | ホーム | アロマオイルディフューザー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cotchie.blog43.fc2.com/tb.php/669-b8fbd3e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。