FC2ブログ

LIVING IN THE COTTONFIELD

毎日のよしなしごと。 綺麗なこと可愛いこと思うこと好きなこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノルウェイの森・リトルランボーズ・人生万歳

最近結構映画を観たのでまとめて。


最初はノルウェイの森。
話題作だし、インタヴューなんかを読むにつけ、なんだか良いかも!っていうことで観に行きました。



http://www.norway-mori.com/index.html


村上春樹の原作は相当昔に読んだので、ちょっと内容はうろ覚え。
しかも。
飛行機に乗ってドイツかどこかへ向かいながら、回想する話だったっけ。みたいな曖昧すぎる記憶。。。。
そもそも日本映画を観るのがあまりに久し振りで、字幕が無い事自体新鮮。



水原希子が、透明感があってとっても可愛い♪
お肌もピチピチ。



なんだか役者さんはみんな作品にぴったりはまる雰囲気。
キャラクターと映画が、多分どの役者さんも監督のイメージにぴったりなんだろうな、って、いう感じがしました。

ストーリーは、原作ってこんなだったっけ?
と、思うところもありつつ、でも原作の記憶も遠いので、まあ別物として観て。

全体に笑顔の靄に包まれていて、時々演歌っぽいコブシみたいなのがまわるところが、
これは日本映画だからなのか、日本の映画をトラン・アン・ユン・・・監督ヴェトナム系フランス人でしたっけ?、、が撮ってるからなのか、
それとも原作の雰囲気なのか・・・・・。
分からないけど・・・・不思議な感じ。


私の中で、
村上春樹の作品って、ちょっとファンタジーで冒険の、男の子の目線で観る夢。みたいな印象があるんですが、
だからきっと、読者の男女の感想が全然違う作家だと思うんですよね。
だから、
映画でもそうなのかもしれません。・・・・男の子で観た人が周りにまだいないので何とも言えませんが。


でも、
日常風にいて、ごく普通風にありながら、あり得ない事が起きてきて・・・
みたいな事が、
やっぱり映画と小説では同じようには表現出来ない気はしました。

なので。

とりあえず原作を忘れて見るのが佳し、と思います。



変な感想ですね。



ノルウェー




リトル・ランボーズは、可愛い男の子達の友情ストーリー!

ホント、ストレートに良いって言える、素直に可愛らしい映画でしたよ♪


http://rambows.jp/


2010120500241.jpg


宗教家一家の中で育ったピュアな少年と、ちょっと複雑な家族環境で育った悪ガキ君が、ランボーへのオマージュ映画を作るお話。
また、登場する少年少女達がみんな可愛いんだ・・・。
もしかしたらもうギリギリ上映が終わってしまったかもしれないけど、間に合うのであれば是非観ることをオススメです!






そして最後に人生万歳 !


http://jinsei-banzai.com/pc/



472fd3571e0ee5f4550e7be81d453bb7人生万歳


これはもう、ウディ・アレン好きには鉄板なストーリー!


元天才学者の、ひねくれおじさんの所に、ちょっと頭の回転は遅いけど、性格美人なキューティー・ブロンドが現れ・・・・
どんどん人が集まり・・・・
な、
昔ながらのウディ・アレンなストーリー!
勿論、マッチ・ポイントやギター弾きの恋みたいなちょっとスマートなウディ映画も良いですけど、
こういうThe ウディな映画は観ていて安心します♪
久し振りにNYで撮影した映画だったということでなのか、全体にハッピーオーラが漂っていたのも素敵♪

世界中がアイ・ラヴ・ユーみたいな、
観ていて嬉しくなる映画でしたよ・・・~~~~♪
スポンサーサイト
  1. 2010/12/19(日) 14:37:40|
  2. movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ガレットリア&ル・ブルターニュでガレット | ホーム | school of seven bells @WWW>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://cotchie.blog43.fc2.com/tb.php/623-9c67fd3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。