LIVING IN THE COTTONFIELD

毎日のよしなしごと。 綺麗なこと可愛いこと思うこと好きなこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

COTCHIE 08.12月納品手作りシリーズ②

さて続きです。
Lサイズのポーチは


マニコレ資料 016


マニコレ資料 020


マニコレ資料 029



マニコレ資料 027


マニコレ資料 022


マニコレ資料 024


それからアクセサリー。
細かくなるので代表で、
マニコレ資料 033


マニコレ資料 032


マニコレ資料 030


など。
喜んで買って頂けるといいなあ、と思います。




スポンサーサイト
  1. 2008/12/22(月) 18:41:21|
  2. hand made
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

COTCHIE 08.12月納品手作りシリーズ①

12月、久し振りにパイユドールに28点程納品をしてきたのでご紹介です。


丸ポーチ4点

08.12.22パイユドール納品分 017


08.12.22パイユドール納品分 015


08.12.22パイユドール納品分 019



08.12.22パイユドール納品分 003


Mサイズのポーチ6コ


08.12.22パイユドール納品分 011



08.12.22パイユドール納品分 001


08.12.22パイユドール納品分 006


08.12.22パイユドール納品分 007


08.12.22パイユドール納品分 014


08.12.22パイユドール納品分 009


まち付きのLLサイズが2コ


08.12.22パイユドール納品分 021


08.12.22パイユドール納品分 023




長くなってきたので以前に作り途中を紹介したLサイズは次の②に続きますね。


  1. 2008/12/22(月) 18:29:45|
  2. hand made
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Black Kids@クアトロ

最近ライヴばっかりだなあ、と思いますが、
ブラックキッズを観にクアトロに行きました。

ブラックキッズはこう、ハッピーでワイワイみたいな感じの曲が多いんですが、
ライヴもまんまそんな感じでした。

なんかお客さんもそんな感じで、とってもアットホームな雰囲気のライヴでしたよ♪



  1. 2008/12/21(日) 11:01:53|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Yelle@リキッド tepr@fai

16日・・・かな?
待望!!のYelleちゃんのライヴに行ってきました。
オープニングにティーンエイジャーズのユルカワ?なアクトを堪能し、その後Yelleちゃん!
最高にカワイイ!!!

ドラムとキーボード(teprくんというらしい)が超格好いいんだけど、Yelleちゃんがあまりに可愛すぎてかすんでしまう程です。


上手いし踊るし上がるし可愛いし、最高です。
普段滅多にそうならないんだけど、踊りまくって汗かいて帰りました。

http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewProfile&friendID=29410992


とっても楽しかったので19日、友達に誘って頂いて、teprくんとドラムくんDJのアフターパーティーにも行ってきました。
久し振りの友達にも会えたし楽しかった♪

http://www.myspace.com/tepr




そんなわけで1年以上行きたい行きたい言い続けていたYelleのライヴは期待以上にハッピーな出来事となりました。
また来て欲しい!!!
  1. 2008/12/21(日) 10:57:47|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

the kills & blood red shoes @O-east

今日はザ・キルズとブラッド・レッド・シューズ@O-east に,
行きました。
最近、O-east 続きですね。


キルズは5年前くらいにジョンスペの前座一回観てて、その時はまだマイナーだったのであまりお客さんの反応は良くは無かったのですが、当時既に大ファンしていた私としては超ビッグな前座で、当のジョンスペより記憶に残っております。



BRSは何気に3回か4回目。
BRS、上手くなってて、今日は今までで一番良かった、最高。
二人ともエッジーで、なのにキュートでカワイイし、将来が楽しみなバンドです。
新曲も良かったし!!






だけど、


それ以上に、、キルズ圧巻。
格好良すぎて他に感想が無いくらいです。
ロック好きを自負するなら観ないことには許されないと思うくらいです。



今日の時点での人生ベスト・ライヴ3に入りそうです。
(というか、今のところ、プライマル→YYYS→第3位キルズ)

いつか、ラモーンズとかパティ・スミス的存在になるんじゃなかろうか、な、ロッカーぶり。
何なんでしょう、あの圧倒的にロックンロールな感じは。


最近、この手のスモーキーなエッジさのロックを聴いていなかったのに気付き、元々こっち寄りが好きな自分としては反省です。





しかしですね、さっきネットで見てたらこんなお話が↓(以下引用)




 ロンドンのおしゃれ番長ことザ・キルズが、サマソニの雪辱を晴らしに再来日をすることとなった。

 まさかのデータ吹っ飛び(がびーん)→ライヴ・キャンセル(がくーん)というプロらしからぬアクシデントに見舞われ、最悪の事態にショックに落ち込み頭を垂れる姿を見たスタッフから「ヘタレ」というあだ名さえ付けられた、あのジェイミー・ヒンスが帰ってくる!

 先日は、ツアー中にドライバーとバスが失踪してしまうという、これまたにわかには信じ難いアクシデントに襲われた彼らだが、今ではどうやら力強く再起している模様。現在、ジェイミーとケイト・モスはくっついているのか、離れているのか?




↑↑だって。
あんまり運は良くないのね、キルズ・・・。。。
個人的にはあんなにかっこいいジェイミーをふるとは、いくらケイト・モスでも勿体なくてしないはずだと思います、、、と、いうか。それ希望。


  1. 2008/12/09(火) 02:07:49|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

L’OASINA

今日は東レの展示会に行って、その帰り、先輩のお姉様2人と南青山の素敵なレストランに行きました。


http://www.loasina.jp/index.html


伊藤忠を246挟んで向かい側、霊園に行く途中にあるのですが、フレンチベースにオーガニックでこだわりの野菜をふんだんに使ったランチで。
サラダ、お肉とお魚、スープ、飲み物で、¥1500とは信じられない美味しさなの。


更に、美味しいのは勿論、店が美しく、落ち着くのが最高。
ソフィスティケートされた趣味の良いアーティストのアーバンライフみたいなイメージです。
大人の女性のちょっと特別な日常、みたいな店で、通いたくなるお店でした♪
  1. 2008/12/05(金) 01:41:49|
  2. delicious
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Friendly Fires@O-east

今日はフレンドリー・ファイアーズのライヴに行ったんだけど正直かなり良くて!!!
一度ホットチップの前座で観ているので、そこそこの期待でたんだけど、更に良くなっていて、今年観たライヴのベスト3に入りそうな良さでした。
・・・まあ、今年何行ったか即思い出せないんですが、抜きん出てたよ。


なんか、MGMTも旬だったけど、次に繋がる旬だった感じで、
今日は、今のまさに旬って感じ。
MGMTは助走中でこっちはハイスピードに乗っちゃってる感じ。
このまま突っ走って欲しいです。
超かっこいいし、踊れるし、ハイだし、うまいし、メンバー全員キャラ立ってるし、ボーカルにカリスマ性もあるし、素晴らしいパフォーマンスだったよ。

フレンドリー・ファイアーズの、特にライヴを知らないなんて勿体ない!



そもそも8月にホットチップのオープニングで初めて観た時もかなりキレてて。
その時はまだアルバムも出ていなくて初来日だったので、UKではいざ知らず日本ではかなり無名に近いバンドだったんですが、観た人は何コレ?お客さんザワザワしちゃっう、みたいな光る前座だったんです。
普通、オープニングアクトってそこそこの緩さで会場を暖めておきます、って感じななんだと思うんですけど、前座とは思えぬ直球ぶり、力の入りぶりで、まるでメインアクトを2つ観れちゃったような充実した日におかげでなっちゃった、っていう。


とにかく、
アルバムも良いけどやっぱりライヴバンドで、曲が全曲ライヴ映えするの。
全曲名曲でキャッチー!

ちなみにオープニングでドラム君がDJしていて。
機材トラブルで後半苦戦していたけれど、本人が可愛すぎて許せちゃう♪みたいな感じです。




そして、今まではタメ世代がシーンを牽引してく世代だったけど、MGMTやフレンドリー・ファイアーズを観るにつけ、もう、次の世代が中心になっちゃったのを感じました。
UKはまあ、若者バンド(例えばメンバー全員ティーンエイジャー)がお流行してたから、それは特殊として考えないで、もっと堅実で着実なところで、24歳くらいが新しく今を作ってる世代だよね。
と、なんだか実感しました。





  1. 2008/12/05(金) 01:34:16|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MGMT@O-EAST

今日はMGMTのライヴに行ったんだけど、かなりクールだったよ。
一種のダンディズムさえあって男の子好きしそうなクールさ。


クールなので、先週のカイザーチーフス的なノリには決してならない感じです。



なんかレイト・オフ・ザ・ピアあたりと同じ時期に出てきたり、クラブでよくプレイされてるの聴いてるから、なんとなくニューレイヴの末端っぽいイメージでいたらかなり違ったよ。
私がMGMT初めて聴いてみたのボンジュールレコードでだったし。


アルバムよりライヴの方が顕著に分かるんだけど、背景に感じる物がかなり今までの流れとは違うところから出てきた音楽だったよ。






ギターなんかヴェルヴェットアンダーグラウンドっぽさもあったりしてかなりサイケデリックだったり、でもなんかアメリカン・ギターロックな抜け感とかドライさとかあとラウドな感じもあって、アメリカな感じが強いんだけど、それだけじゃないよ、みたいな。




特に、タイム・トゥ・プリテンドやキッズ、エレクトリック・フィールとかみたいなキャッチーなナンバーじゃなくて、新曲(?)とかマイナー気味の曲の方がその傾向強。
勿論前述の曲も超良いけど。


で、妙に心地よい熱(もしくは熱の無さ)で、それが大変クールで、なんか、粋な感じの格好の良さがあるのね。
渋くて旨くて旬な感じ。
なのにどういう訳かアイドルっぽさも若干あるの(が、やっぱり旬な感じの証拠なのかしら??)。


なんかシアトルとかボストン??みたいな変な感想が頭に浮かんだんだけど、コネチカット州出身らしく、まあ遠くは無い感じ。





若干ストロークスが出てきた時のような、
今まで無かった感がして良い感じを受けたよ。
なにか牽引しそうな予感なんでしょうと思います。

さらに言えばシンセ君がカワイイ。



そんなわけでおもしろくて、超満足。
ロックに味気なさを感じ気味の方にアルバムじゃなくてライヴがオススメ。


  1. 2008/12/04(木) 00:36:43|
  2. music
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

横浜トリエンナーレ

日曜、今回の横浜トリエンナーレの最終日に駆け込みで行ってきました。
トリエンナーレは、3年々に一度開催される現代アートのフェスティバルみたいなもので、行くのは学生の時以来の2度目です。

CA6BS746.jpg  CA64PACH.jpg



普通の美術館で観る一般的な現代アートだと、ある一定以上の評価を得ている人の回顧展だったり、あるコンセプトに基づいて展示しています。
もしくは、同じ人の作品じゃなくても、企画展なら、あるキュレーターの方がコンセプトを以て構成します。
それに比べ、トリエンナーレは色んな人が作品をそれぞれに出展するので、普通の美術展とは若干様子が違い、美大の文化祭や卒展的な雰囲気があるよ。

CA18E06N.jpg  CA503FQ3.jpg



個人的には、
空間的な映像は好きなんですが、スクリーンに淡々と映し出される様な小難しい映像アートや、コンセプチュアル過ぎる物はちょっと苦手なので、赤レンガ倉庫にあった作品はそんなに解らず。
そんな感じで正直、3会場のうち、本当に好きだったのは1会場だけだったのですが、でもそれでもといっても楽しめましたよ。
自由な気分になれたし。

CAPYQZST.jpg  CALIG5ST.jpg



今回観て思ったのは、白や音楽をキーに作品を創ってる人が多いなあ、って。
前に観た時はもっと色が氾濫していた様な気がしたけど。
蛍光灯的な光もポイントとしてよく出てきていたかも。
音響とか反射とか反響とか、静寂と、呼応するような響きのある空間です。

あとは。。。
あとはあんまり好きじゃないけどオカルト的な要素も多かったのかな?

CAQX9CXA.jpg  CAZJX1B9.jpg

ともあれ白や光からは
少し、クリーンでミニマルででも光の差す様な世界をみんな今欲しているのかもしれないなあ、って思いました。

CAF4XBQO.jpg
  1. 2008/12/02(火) 00:35:02|
  2. go out
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。