LIVING IN THE COTTONFIELD

毎日のよしなしごと。 綺麗なこと可愛いこと思うこと好きなこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

Somewhere と、塔の上のラップンツェル

最近観た映画が2本。
ソフィア・コッポラのSomewhereと

http://www.somewhere-movie.jp/index.html


ディズニーの塔の上のラップンツェル。


http://www.disney.co.jp/movies/tounoue/


Somewhereはずーーーーーーーーーーっと観たくて心待ちだったので、公開してすぐくらいに映画館に。
とってもソフィア・コッポラ「らしい」映画だったので大満足。
フェラーリを一人でぐるぐる同じコースを疾走させるシーンから始まるのが象徴的な、華やかで倦怠でルーティンワークみたいな生活、そこにやってくる可愛い娘。


ソフィア・コッポラの映画では、セレブなホテルもヘリコプターの移動も、普段使いのフェラーリも何だって、ゴージャスさを出すための演出・・・ではなくて、ただの必要な舞台設定になれるところが凄くこの監督ならではです。

内容は・・・
と切り出したいところですが、ソフィア映画は物語をなぞる映画を期待しない方がいいというか。


説明が無いのと同じくらい言い訳もなくて、ソフィア・コッポラの素直さが全面に出た洗練された映画だな、と思いました。
ストーリーじゃなくて心を映す鏡みたいな?
自分の目に流れていく実体験みたいな切り口で映像美に浸れる映画だった気がします。




代わってラップンツェル。
ピクサー以外のディズニーを観る気は特になかったんですが、友達に誘われていったら想像以上に良くて楽しめました♪
絵が凄く可愛い!のと、昔の全盛期みたいなポジティヴなプリンセスストーリーがキュートで。
・・・Somewhereはちょっと好き嫌いあると思いますが、こちらは女の子になら誰にお勧めしても良い映画だなあ!と思いました^-^♪

スポンサーサイト
  1. 2011/05/03(火) 02:53:52|
  2. movie
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

英国王のスピーチ

アカデミー賞を取った次の日。
混み混みの映画館に英国王のスピーチを観に行きました。


http://kingsspeech.gaga.ne.jp/


エリックを探して、を観に行った時に予告でやってて。。。いかにも私が好きそう♪と、思ったのと、シングルマンを観てコリン・ファースの素敵さにはまったし、中高生の時大好きだった映画シャインのジェフリー・ラッシュが出てるし、それは観たいでしょ♪っていう。



なんといいますか、
権威あるシェフが、そのまま食べても最高に美味しい選りすぐりの食材ばかりを世界から集めて、
そしてお腹の減った常連のお客様に調理する秘伝のレシピ。・・・みたいな。
とても素晴らしいでしょうね・・・・と、期待して出掛けて、そして実際もやっぱり良かったね!と、大袈裟に騒ぐことなく満足して帰って行く感じ。
・・・・全然説明のない後味感想ですが・・・。


味のある俳優さんばかりが、派手じゃないけど心にしみる演技で、
エレガントなんだけどとてもユーモラス。
シルクハットの光沢の黒が艶っぽくて、なんだかとても印象的。
そういう大人のシックな感じが、派手じゃないけど・・・ちょっとだけ色っぽさのあるトーン、な映画。

素敵な映画なので、慌てずゆっくり観るのがオススメですよ。


    1. 2011/03/04(金) 22:13:14|
    2. movie
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    エリックを探して

    最近、観たい映画はいっぱいあるにに全然映画館に行っていないダメな私・・・。
    (誰か誘って下さい、っていう感じです))

    年始にBunkamuraで観た エリックを探して を、書いてないので書くことに。

    lookingforeric01.jpg


    マンチェスター・ユナイテッドのスター選手、エリックをキーワードに繋がる素敵ストーリー!
    冴えない父親が主人公、かもしれないけど、みるみる活き活きしていくお父さん、最終的には結構素敵オヤジの印象しか無くなります♪
    なんだか、リトル・ランボーズの大人版って感じもしたり??
    英国感たっぷりの、素敵映画でしたよ ・・・^-^!!



    http://www.kingeric.jp/


    1. 2011/02/06(日) 23:27:09|
    2. movie
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ハーブ&ドロシー

    めちゃくちゃ可愛いドキュメンタリー映画を観ました!!!


    最高です!



    101222_1801~01



    変な話題作より、これをみんな観ればいいのに。。。。と、思います。



    http://www.herbanddorothy.com/jp/




    マンハッタンに暮らす、普通の・・・・全くお金持ちではないごく普通の夫婦。
    でも実は、二人はアートの偉大なコレクターなのです!
    お金はなくても、素晴らしい審美眼と情熱で、二千点を超える作品を美術館に寄付するのです・・・。

    と、いう、粗筋だけでもエキサイティングな映画。



    アートが好きなら、絶対!!ハートフルになる映画です!!
    1. 2010/12/28(火) 02:27:08|
    2. movie
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0

    ノルウェイの森・リトルランボーズ・人生万歳

    最近結構映画を観たのでまとめて。


    最初はノルウェイの森。
    話題作だし、インタヴューなんかを読むにつけ、なんだか良いかも!っていうことで観に行きました。



    http://www.norway-mori.com/index.html


    村上春樹の原作は相当昔に読んだので、ちょっと内容はうろ覚え。
    しかも。
    飛行機に乗ってドイツかどこかへ向かいながら、回想する話だったっけ。みたいな曖昧すぎる記憶。。。。
    そもそも日本映画を観るのがあまりに久し振りで、字幕が無い事自体新鮮。



    水原希子が、透明感があってとっても可愛い♪
    お肌もピチピチ。



    なんだか役者さんはみんな作品にぴったりはまる雰囲気。
    キャラクターと映画が、多分どの役者さんも監督のイメージにぴったりなんだろうな、って、いう感じがしました。

    ストーリーは、原作ってこんなだったっけ?
    と、思うところもありつつ、でも原作の記憶も遠いので、まあ別物として観て。

    全体に笑顔の靄に包まれていて、時々演歌っぽいコブシみたいなのがまわるところが、
    これは日本映画だからなのか、日本の映画をトラン・アン・ユン・・・監督ヴェトナム系フランス人でしたっけ?、、が撮ってるからなのか、
    それとも原作の雰囲気なのか・・・・・。
    分からないけど・・・・不思議な感じ。


    私の中で、
    村上春樹の作品って、ちょっとファンタジーで冒険の、男の子の目線で観る夢。みたいな印象があるんですが、
    だからきっと、読者の男女の感想が全然違う作家だと思うんですよね。
    だから、
    映画でもそうなのかもしれません。・・・・男の子で観た人が周りにまだいないので何とも言えませんが。


    でも、
    日常風にいて、ごく普通風にありながら、あり得ない事が起きてきて・・・
    みたいな事が、
    やっぱり映画と小説では同じようには表現出来ない気はしました。

    なので。

    とりあえず原作を忘れて見るのが佳し、と思います。



    変な感想ですね。



    ノルウェー




    リトル・ランボーズは、可愛い男の子達の友情ストーリー!

    ホント、ストレートに良いって言える、素直に可愛らしい映画でしたよ♪


    http://rambows.jp/


    2010120500241.jpg


    宗教家一家の中で育ったピュアな少年と、ちょっと複雑な家族環境で育った悪ガキ君が、ランボーへのオマージュ映画を作るお話。
    また、登場する少年少女達がみんな可愛いんだ・・・。
    もしかしたらもうギリギリ上映が終わってしまったかもしれないけど、間に合うのであれば是非観ることをオススメです!






    そして最後に人生万歳 !


    http://jinsei-banzai.com/pc/



    472fd3571e0ee5f4550e7be81d453bb7人生万歳


    これはもう、ウディ・アレン好きには鉄板なストーリー!


    元天才学者の、ひねくれおじさんの所に、ちょっと頭の回転は遅いけど、性格美人なキューティー・ブロンドが現れ・・・・
    どんどん人が集まり・・・・
    な、
    昔ながらのウディ・アレンなストーリー!
    勿論、マッチ・ポイントやギター弾きの恋みたいなちょっとスマートなウディ映画も良いですけど、
    こういうThe ウディな映画は観ていて安心します♪
    久し振りにNYで撮影した映画だったということでなのか、全体にハッピーオーラが漂っていたのも素敵♪

    世界中がアイ・ラヴ・ユーみたいな、
    観ていて嬉しくなる映画でしたよ・・・~~~~♪
    1. 2010/12/19(日) 14:37:40|
    2. movie
    3. | トラックバック:0
    4. | コメント:0
    次のページ
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。